Entries

スポンサーサイト

ラウンジチェア/ソファ1人掛け一覧

                                                       ...

チャールズ・レニー・マッキントッシュ Charles Rennie Mackintosh ヒルハウスチェア Hill House Chair / ラダーバックチェア Ladder Back Chair

今から100年以上も昔の1902年に作られた、チャールズ・レニー・マッキントッシュの「ヒルハウスチェア(別名ラダーバックチェア)」です。 彼の建築家としての作品、住宅「ヒルハウス(Hill House)」(現在スコットランド・ナショナルトラスト所有)を設計した際に、その寝室に置くためにデザインされました。オリジナルは現在でもそのヒルハウスの寝室に置かれています。日本の建築空間の影響を強く受けており、「格子」...

ミース・ファン・デル・ローエ Mies Van Der Rohe バルセロナチェア Barcelona Chair

1929年にデザインされた、ミース・ファン・デル・ローエの「バルセロナチェア」です。バルセロナ万国博覧会のドイツパビリオンを設計した際、当時のスペイン国王「アルフォンソ13世」を迎えるための椅子としてデザインされ、「20世紀の王様の椅子」と言われています。高級感漂う革張りのクッション、そのクッションの小さな格子柄のパディング、磨き上げられた美しいカーブを描く脚、底面と背面に組まれている何本ものベル...

ミース・ファン・デル・ローエ Mies Van Der Rohe MRラウンジチェア MR Side Lounge Chair アームレス Armless

1929年にデザインされた、ミース・ファン・デル・ローエの「MRラウンジチェア」です。19世紀半ばのヨーロッパでデザインされた、チューブ型の鉄製ロッキングチェアからインスピレーションを受けてデザインされました。工業マテリアルをアート的に発展させた作品として、彼の数あるデザインの中でも「20世紀不朽の名作」として、世界的に高い評価を受けています。「カンティレバー構造」という建築手法により、片側だけで荷...

ル・コルビジェ Le Corbusier LC1 スリングチェア バスキュラントチェア ピエール・ジャンヌレ Pierre Jeanneret シャルロット・ぺリアン Charlotte Perriand

1928年、チャーチ邸のためにデザインされた、ル・コルビジェの「LC1」です。「スリングチェア(SlingChair)」(Sling:吊り下げられた、の意)、「バスキュラントチェア(Basculante Chair)」(Basculante:フランス語で、上下に移動する、はね上げ式の橋、の意)とも呼ばれています。実際には、ル・コルビジェ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ぺリアンの3人の合作です。(LC5を除くとそのほとんどが、ル・コ...

ル・コルビジェ Le Corbusier LC2 グラン・コンフォート GRAND CONFORT ピエール・ジャンヌレ Pierre Jeanneret シャルロット・ぺリアン Charlotte Perriand 1シーター 1seater

1928年にデザインされた、ル・コルビジェの「LC2」です。「グラン・コンフォート(大いなる快適)」とも呼ばれ、コルビジェの代名詞ともなっている作品です。LC1同様、この作品も、ル・コルビジェ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ぺリアンの3人の合作です。(LC5を除くとそのほとんどが、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンの合作です。)特徴は、言うまでもなく、その圧倒的な...

ル・コルビジェ Le Corbusier LC4 シェーズロング Chaise Lounge ピエール・ジャンヌレ Pierre Jeanneret シャルロット・ぺリアン Charlotte Perriand

1928年にデザインされた、ル・コルビジェの「LC4 シェーズロング」です。別名「カウ・ボーイ・チェア(Cowboychair)」とも呼ばれ、世界で最も有名な寝椅子の呼び声高い作品です。この作品も、ル・コルビジェ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ぺリアンの3人の合作です。(LC5を除くとそのほとんどが、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンの合作です。)このLC4については、シャル...

アイノ・アアルト Aino Aalto 321ガーデンラウンジチェア 321 GARDEN LOUNGECHAIR

1930年から40年にかけてデザインされた、アイノ・アアルトの「321ガーデンラウンジチェア」です。321ガーデンテーブルもあります。いずれも夫のアルヴァ・アアルトの名建築「マイレア邸」のためにデザインされたものです。このラウンジチェアは木製車輪が付いていますので移動が容易です。積み木のような素材としての木材、そして真っ白な塗装、清潔感溢れるシンプルな北欧家具です。※ マイレア邸(Villa Mairea:1939...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto アームチェア 41 パイミオ Armchair 41 PAIMIO

1931年に発表された、アルヴァ・アアルトの「アームチェア 41 パイミオ」です。アアルトの代表的建築物「パイミオのサナトリウム」のためにデザインされたこのアームチェアは、プライウッド(成形合板)を使った斬新な座面により「材料革命」と評され、彼の名を一躍有名にしました。当時は、スチールパイプの椅子がモダニズムの象徴として主流でしたが、アアルトはそれを木材に置き換えました。比較的リーズナブルに生産できる...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto アームチェア44 Armchair44

1931年にデザインされた、アルヴァ・アアルトの「アームチェア44」です。同時期発表されたアームチェア41パイミオと同様の、優雅な曲線を描くフレームを採用しています。パイミオの座面は薄いプライウッド(成形合板)ですが、このアームチェア44は肉厚のクッションを採用しています。5年後にデザインされたアームチェア400、通称タンクも似たような形をしていますが、このアームチェア44よりもクッション部分は薄...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto アームチェア 400 Armchair 400

1936年に発表された、アルヴァ・アアルトの「アームチェア 400」です。そのフォルムから「タンクチェア(tank chair:戦車)」のニックネームがつけられています。厚みのあるクッションと幅広のアームレストによる重厚感、迫り来る迫力が圧巻のデザインです。カンティレバー構造の椅子と言えば、ミース・ファン・デル・ローエなどによる「スチール」を素材として用いたものがありますが、アアルトは「木」を用いています。「木...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto ラウンジチェア 43 LOUNGE CHAIR 43

1937年に発表された、アルヴァ・アアルトによる「ラウンジチェア 43」です。ウェビングテープを座面に使った一連のアームチェアシリーズの一つです。幅広の曲木によるカンティレバーの脚兼アームが適度なしなりを持ち、快適な座り心地をつくりあげています。ミース・ファン・デル・ローエのスチールの「カンティレバーチェア」と比べてみると、その違いがわかり面白いです。※ ウェビングテープ…特殊撚糸(ねんし:ねじり合わせ...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto アームチェア 406 ARMCHAIR 406

1939年に発表された、アルヴァ・アアルトの「アームチェア 406」です。ウェビングテープを座面に使った一連のアームチェアシリーズの一つです。幅広の曲木によるカンティレバーの脚兼アームが適度なしなりを持ち、快適な座り心地をつくりあげています。ミース・ファン・デル・ローエのスチールの「カンティレバーチェア」と比べてみると、その違いがわかり面白いです。※ ウェビングテープ…特殊撚糸(ねんし:ねじり合わせた糸...

ジャン・プルーヴェ Jean Prouvé シテ・アームチェア Cite Armchair

1930年にデザインされた、ジャン・プルーヴェの「シテ・アームチェア」です。プルーヴェはナンシー大学都市の学生寮用の家具のコンペを勝ち取り、1930年代にいくつもの家具やドアをデザインしましたが、この「シテ」もそのシリーズの一つとしてデザインされたもので、その中でも傑作の一つに数えあげられています。この椅子の最大の特徴は、写真ではわかりづらいですが、アームレストの皮ベルトです。スチールの曲板を利用...

ジャン・プルーヴェ Jean Prouvé アントニー Antony

1954年、パリ近郊のアントニー大学のキャンパスのためにデザインされた、ジャン・プルーヴェの「アントニー」です。プルーヴェの椅子の中では、最も優れたデザインと評され、優雅なフォルムをもつ作品です。座面から背もたれにかけてのシート部分はプライウッドによるもので、それを三日月形のスチールリブの両端で浮かせるように支えることで、適度なクッション性を確保しています。また、コンパスのような「逆V字」の脚は、...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen エッグチェア The EGG

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの「エッグチェア」です。「エッグチェア」の名称は、もちろんそのフォルムが「卵」に似ているからです。ヤコブセン自宅のガレージで石膏による試作を経て、1958年、「スワンチェア」「スワンソファ」同様、コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのロビー&レセプションゾーン向けに開発されました。パブリックスペースにあっても、隔離させた空間を作るためにハイバックにし、身体をす...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen スワンチェア The SWAN

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの「スワンチェア」です。「スワンチェア」の名称は、もちろんその姿が「SWAN(白鳥)」に似ているからです。このスワンチェアの特徴は、直線が一個所もない点です。1958年、「エッグチェア」「スワンソファ」同様、コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのロビー&レセプションゾーン向けに開発されました。エッグチェアほどではないにしろ、やはり身体がうまく収まるよう、背もた...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen スワンチェア The SWAN アニバーサリーモデル 革張り

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの「スワンチェア」です。「スワンチェア」の名称は、もちろんその姿が「SWAN(白鳥)」に似ているからです。このスワンチェアの特徴は、直線が一個所もない点です。1958年、「エッグチェア」「スワンソファ」同様、コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのロビー&レセプションゾーン向けに開発されました。エッグチェアほどではないにしろ、やはり身体がうまく収まるよう、背もた...

マルセル・ブロイヤー Marcel Breuer ワシリーチェア Wassily Lounge Chair

1925年にデザインされた、マルセル・ブロイヤーの「ワシリーチェア」です。自分の乗っていた自転車のハンドルフレームからインスピレーションを得たという、世界で始めてスチールパイプを使用した椅子です。 このスチールパイプという新素材は、椅子のデザインに劇的な変化と衝撃をもたらし、バウハウスデザインの代表作としても名高く、椅子のみならず全デザイン史にも残る不朽の名作です。 ワシリーという愛称は、バウハウス...

マルセル・ブロイヤー Marcel Breuer ブロイヤー・アームチェア Breuer Armchair

1936年にデザインされた、マルセル・ブロイヤーの「ブロイヤー・アームチェア」です。ロンドンにあるヴェントリス邸の為にデザインされました。特徴は、なんといってもプライウッドの大きな肘掛です。力強く、圧倒的な存在感です。グラスを置く等のテーブル機能が備わっています。シート部分はコイルスプリングでゆったりとくつろげるようになっています。個人邸の為にデザインされた家具でしたが、その完成度の高さが話題とな...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ラウンジチェア LOUNGE CHAIR

1960年頃にデザインされた、ジョージ・ナカシマの「ラウンジチェア」です。伝統的なウィンザーチェアを最も単純に応用した作品で、低い座面と幅広いゆったりとしたシートが特徴です。本来休憩室や居室など、西洋のゆったりとした憩いの空間のためにデザインされたものですが、座が低く幅広のシートは日本の室内にもマッチします。あぐらをかいても座れます。ナカシマの椅子の大きな特徴である、背もたれ部分に並ぶハープの弦の...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ラウンジアーム LOUNGE ARM

デザインされた年は不明ですが、ジョージ・ナカシマの「ラウンジアーム」です。1960年頃にデザインされた「ラウンジチェア」のバリエーションの一つとしてにアームを取り付けた作品ですが、最もナカシマらしい椅子として人気があります。ご覧の通り、幅広い自然の板を使ったアームが最も特徴的です。ちょっとしたお茶を置くにも便利です。日本での人気の理由は、デザインとともに、和室にも洋室にもマッチする比較的低く広い座...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ラウンジアームロック LOUNGE ARM ROCK

デザインされた年は不明ですが、ジョージ・ナカシマのラウンジアームに揺り子がついた「ラウンジアームロック」です。ナカシマは、1950年代の後半から「ニューチェア」と「ラウンジチェア」のみに限定して、ロッキングチェアをデザインしています。揺り子の脚は、椅子との微妙なバランスを保つために、職人が一つ一つ個別に調整して作っており、また、一枚板の存在感を引き立てるデザインになっています。ご覧の通り、幅広い自...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima コノイドラウンジ CONOID LOUNGE

1980年にデザインされた、ジョージ・ナカシマの「コノイドラウンジ」です。ナカシマの代表的な作品「コノイドチェア」の座部を9cmほど低めに設計した作品です。元々は、建築家斎藤裕氏の日本人顧客のためにデザインされた作品で、他にもニューヨークのメトロポリタン美術館のジャパンギャラリー休憩室に、少し座の高いタイプが収められています。ナカシマの椅子の大きな特徴である、背もたれ部分に並ぶハープの弦のような木...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames LCW ラウンジ・チェア・ウッド Eames Plywood Lounge Chair 既存色3色

1945年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「LCW(Lounge Chair Wood:ラウンジ・チェア・ウッド)」です。 オールウッド、5つのパーツがすべてプライウッドで作られています(座面は5層で脚は8層の合板)。 木の温もりに加え、前脚と後脚の高さのギャップが圧巻のデザインで、まるでペットのような愛くるしい形をしています。 プライウッド素材のため一見すると硬く見えますが、同時に発表されたダイニングチェ...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames LCW ラウンジ・チェア・ウッド Eames Plywood Lounge Chair 新色7色 New Color

1945年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「LCW(Lounge Chair Wood:ラウンジ・チェア・ウッド)」です。 オールウッド、5つのパーツがすべてプライウッドで作られています(座面は5層で脚は8層の合板)。 木の温もりに加え、前脚と後脚の高さのギャップが圧巻のデザインで、まるでペットのような愛くるしい形をしています。 プライウッド素材のため一見すると硬く見えますが、同時に発表されたダイニングチェ...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames LCW ラウンジ・チェア・ウッド カウハイド Eames Plywood Lounge Chair Cowhide

1945年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「LCW(Lounge Chair Wood:ラウンジ・チェア・ウッド)」の「カウハイド」です。現在もイームズの正規品を製造している、ヴィトラ社の正規復刻版で、各々に製造シリアルナンバーが刻印された、ヴィトラデザインミュージアム発行のメタルプレートが付いています。ヴィトラデザインミュージアムHP(英語)当時からラグとしても人気のあったハラコ(Unborn Calf:腹の子。牛...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames LCM ラウンジ・チェア・メタル Eames Plywood Lounge Chair

1946年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「LCM(Lounge Chair Metal):ラウンジ・チェア・メタル)」です。 座面(5層のプライウッド)の大きさに比較して心細くさえ見える細いフレームの脚、背もたれはたった1本の細いフレームで支えられています。 前脚と後脚の高さのギャップ、フレームの絶妙な傾斜と曲がり具合が圧巻のデザインです。 基本設計はLCW(リビング・チェア・ウッド)と同じですが、脚部がメ...

チャールズ&レイ・イームズ Charles&Ray Eamesラシェーズ La Chaise

1948年、MoMA(ニューヨーク近代美術館)が開催した「ローコスト家具デザイン国際コンペ」では、チャールズ&レイ・イームズの2つの作品が注目されました。一つはイームズの代表作「シェルチェア」、そしてもう一つがこの「ラシェーズ」です。2枚の薄いガラス繊維のシェルを重ね、中に硬質ゴムを挟み、隙間はスチレンで埋めた構造で、曲げ木、鋼管、プライウッド(成形合板)ではとても実現できないであろう雲のような形...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames RSR サイドシェルチェア ロッカーベース Eames Shell Chair / Side Chair

1948年、MoMA(ニューヨーク近代美術館)が開催した「ローコスト家具デザイン国際コンペ」のためにデザインされ、1950年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「RSR(Rocking Side Chair Rod Wire Base)」です。イームズと言えば「シェルチェア」というくらい、イームズの代名詞的作品であり、数あるイームズの作品の中でも最も有名なものではないでしょうか。「デザイナーが消費者のニーズに応えた最初の作...

Appendix

プロフィール

ちぇある

Author:ちぇある
はじめまして。「椅子」って色々なデザイナーがいて色々な形があってとても興味深いです。人生の中でも「椅子」に座っている時間って結構長いですものね。よろしくお願いします。

カテゴリー

ブログ内検索

ご紹介している椅子

EileenGrayDayBed.jpg MiesVanDerRoheMR10.jpg MiesVanDerRoheMRArmChair.jpg MiesVanDerRoheBarcelonaChair.jpg MiesVanDerRoheBarcelonaOttoman.jpg MiesVanDerRoheMRLoungeChair.jpg MiesVanDerRoheBrnoChair.jpg MiesVanDerRoheTubularArmChair.jpg LeCorbusierLC1.jpg LeCorbusierLC21seat.jpg LeCorbusierLC22seat.jpg LeCorbusierLC23seat.jpg LeCorbusierLC4.jpg AlvarAalto611.jpg AlvarAalto43.jpg JeanProuveCite.jpg JeanProuveAntony.jpg MarcelBreuerWassily.jpg GeorgeNakashimaConoid.jpg EamesSaarinenOrganic.jpg EamesChildrens.jpg EamesChildrensStool.jpg EamesDCW.jpg EamesLCW.jpg  EamesLCWCowhide.jpg EamesDCM.jpg EamesLCM.jpg EamesLaChiese.jpg  EamesDSX.jpg  EamesDAX.jpg EamesDSS.jpg EamesDSR.jpg  EamesDSROutside.jpg EamesDSRWineRed.jpg  EamesDSR-5S.jpg  EamesDAR.jpg EamesDSW.jpg EamesDAW.jpg EamesRSR.jpg EamesRAR.jpg  EamesLSR.jpg  EamesLAR.jpg  EamesPSCC.jpg EamesPACC.jpg EamesPACCSeatPad.jpg EamesVintage.jpg EamesDKR0.jpg EamesDKR2.jpg EamesDKR2Leather.jpg EamesDKR5.jpg CharleRayEamesSofaCompact.jpg  EamesLoungeChairOttoman.jpg EameseAluminumSide.jpg EameseAluminumArm.jpg EameseAluminumManagement.jpg EameseAluminumExecutive.jpg EameseExecutive.jpg EamesWalnutStool.jpg EamesTandem2.jpg EamesTandem3.jpg EamesChaise.jpg EameseSoftPadSide.jpg EameseSoftPadArm.jpg EameseSoftPadManagement.jpg EameseSoftPadExecutive.jpg CharleRayEamesSofa1seat.jpg CharleRayEamesSofa2seat.jpg CharleRayEamesSofa3seat.jpg GeorgeNelsonNelsonPlatformBench.jpg NelsonDaybed.jpg GeorgeNelsonNelsonCoconutChair.jpg GeorgeNelsonNelsonMarshmallowSofa.jpg GeorgeNelsonNelsonDAF.jpg NelsonCubeArm.jpg EeroSaarinenArmChair.jpg WatanabeRikiKidsSet.jpg WatanabeRikiHighStool.jpg WatanabeRikiLowStool.jpg HarryBertoiaDiamond.jpg HarryBertoiaBetoiaSideChair.jpg PantonHeartConeChair.jpg PantonConeChair.jpg PantonChair.jpg PantonChairGentei.jpg PantonChairClassic.jpg PantonChairClassicGentei.jpg PantonJunior.jpg PantonAmoebe.jpg PaulKjaeholmPK80.jpg

正規品販売店

ヤマギワ オンラインストア MoMAオンラインストアジャパン hhstyle.com センプレ

FC2カウンター

ウォッチ

FX初心者の入門講座

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスが多い椅子

スマートフォンの意味は
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。