Entries

スポンサーサイト

ダイニングチェア一覧

                                                         ...

ミース・ファン・デル・ローエ Mies Van Der Rohe MRサイドチェア MR Side Chair

1927年、ワイゼンホフ展覧会にて発表された、ミース・ファン・デル・ローエの「MRサイドチェア」ですミース・ファン・デル・ローエと言えば、傑作「バルセロナ・チェア」が有名ですが、ミースの椅子のもう一つの特徴として、カンティレバーがあります。スチールパイプという素材を始めて椅子に取り入れたのは、1925年のマルセル・ブロイヤーのワシリーチェアですが、ミースの椅子は、同じスチールパイプであってもカンテ...

ミース・ファン・デル・ローエ Mies Van Der Rohe MRアームチェア MR Arm Chair

1927年、ワイゼンホフ展覧会にて発表された、ミース・ファン・デル・ローエの「MRアームチェア」です。ミース・ファン・デル・ローエと言えば、傑作「バルセロナ・チェア」が有名ですが、ミースの椅子のもう一つの特徴として、カンティレバーがあります。スチールパイプという素材を始めて椅子に取り入れたのは、1925年のマルセル・ブロイヤーのワシリーチェアですが、ミースの椅子は、同じスチールパイプであってもカン...

ミース・ファン・デル・ローエ Mies Van Der Rohe ブルーノチェア Brno Chair

1930年にデザインされた、ミース・ファン・デル・ローエの「ブルーノチェア」です。彼がヨーロッパで建てた最後の大邸宅、ブルーノ(チェコ共和国第2の都市)の「トゥーゲンハット邸」のためにデザインされた椅子です。彼が、椅子に始めてカンティレバー構造を取り入れた1927年発表の「MRチェア」から3年後、カンティレバー構造のスチールバーを高めに設定して、肘掛にしています。目を細めて見れば、座面が宙に浮いて...

ミース・ファン・デル・ローエ Mies Van Der Rohe チューブラークラッシックアームチェア Tubular Classic Arm Chair

1930年にデザインされた、ミース・ファン・デル・ローエの「チューブラークラッシックアームチェア」です。彼がヨーロッパで建てた最後の大邸宅、ブルーノ(チェコ共和国第2の都市)の「トゥーゲンハット邸」のためにデザインされた椅子です。彼が、椅子に始めてカンティレバー構造を取り入れた1927年発表の「MRチェア」から3年後、カンティレバー構造のスチールバーを高めに設定して、肘掛にしています。目を細めて見...

ル・コルビジェ Le Corbusier LC7 回転チェア Swivel Chair ピエール・ジャンヌレ Pierre Jeanneret シャルロット・ぺリアン Charlotte Perriand

1928年にデザインされた、ル・コルビジェの「LC7」です。「回転チェア」(Swivel/スイヴェル:回転)とも呼ばれています。実際には、ル・コルビジェ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ぺリアンの3人の合作です。(LC5を除くとそのほとんどが、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンの合作です。)座の重量感を活かすよう、中心点に4本のスティールパイプの脚を調和させています。コル...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto チェア 611 Chair 611

1929年に発表された、フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトによる「チェア 611」です。彼が有名になる30年代以前の作品ですが、板張り、ウェビングの座面のバージョンを経て永く使われているモデルです。この「611」は、背はウェビングですが、座は、ウェビングのものとキャンバスのものと2種類あります。※ ウェビングテープ…特殊撚糸(ねんし:ねじり合わせた糸)の繊維にゴムを浸透させた帯状の弾性体のこと。一般的には...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto チェア63 CHAIR 63

1933年に発表された、アルヴァ・アアルトの「チェア63」です。アアルトの作品の中でも、一際オーソドックスなチェアです。シンプルゆえに、最も北欧らしい家具とも言えます。特徴は、「アアルトレッグ」と呼ばれる脚です。アアルトレッグとは、5mm程の間隔で上から20cm前後で長さを変えながらノコギリで挽いて隙間を作り、櫛のようになった隙間にラメラと呼ばれる薄い木片と接着剤を入れて型に入れラミネート状にした...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto チェア65 CHAIR 65

1933年に発表された、アルヴァ・アアルトの「チェア65」です。 特徴は、「アアルトレッグ」と呼ばれる脚です。アアルトレッグとは、5mm程の間隔で上から20cm前後で長さを変えながらノコギリで挽いて隙間を作り、櫛のようになった隙間にラメラと呼ばれる薄い木片と接着剤を入れて型に入れラミネート状にしたものを、加圧加工してきれいな曲げ脚を造る世界で唯一の製法です。これはフィンランド伝統の「挽き曲げ」技法...

アルヴァ・アアルト Alvar Aalto チェア66 CHAIR 66

1933年に発表された、アルヴァ・アアルトの「チェア66」です。 特徴は、「アアルトレッグ」と呼ばれる脚です。アアルトレッグとは、5mm程の間隔で上から20cm前後で長さを変えながらノコギリで挽いて隙間を作り、櫛のようになった隙間にラメラと呼ばれる薄い木片と接着剤を入れて型に入れラミネート状にしたものを、加圧加工してきれいな曲げ脚を造る世界で唯一の製法です。これはフィンランド伝統の「挽き曲げ」技法...

ジャン・プルーヴェ Jean Prouvé スタンダードチェア Standard Chair

1934年にデザインされた、ジャン・プルーヴェの「スタンダードチェア」です。ナンシー大学都市のコンペがきっかけで、木材と、そしてプルーヴェの家具の最大の特徴である「鉄」、を組み合わせた作品です。商品化された初のモデルは、「チェアNo.4」という名前で、「リクライニングチェア」「フフォールディングチェア」「アームチェア・シテ」に続く、ブルーヴェの4番目の椅子です。1934年から50年まで、この特徴的...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen セブンチェア The Seven SERIES 7 Designer Color

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの最も有名な作品と言えばこの「セブンチェア」であり、ミッドセンチュリーを代表する作品です。このセブンチェアが他の椅子と一線を画すのは、現在まで世界で500万脚以上のセールスを記録している超ベストセラー作品だという点です。デザインのみならず、軽くて強度に優れ、スタッキング機能(積み重ね)を備え、またカラーなどのバリエーションも豊富で、住宅のみならずオフィスや商業...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen アントチェア The Ant

1952年に発表された、北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの20世紀史に残る名作で、彼の名を一躍世界のスターダムへとのし上げた一脚です。腰のラインを大胆に大きく絞った座面と、細長い脚のフォルムがアリを連想させることから、「The Ant(アリンコチェア)」の愛称で呼ばれています。この「くびれ」が、背もたれのプライウッドの弾力を引き出し、心地良い座り心地で背中を支えます。座面は薄い9枚のプライウッドで...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen セブンチェア The Seven

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの最も有名な作品と言えばこの「セブンチェア」であり、ミッドセンチュリーを代表する作品です。このセブンチェアが他の椅子と一線を画すのは、現在まで世界で500万脚以上のセールスを記録している超ベストセラー作品だという点です。デザインのみならず、軽くて強度に優れ、スタッキング機能(積み重ね)を備え、またカラーなどのバリエーションも豊富で、住宅のみならずオフィスや商業...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen セブンチェア The Seven アームタイプ

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの最も有名な作品と言えばこの「セブンチェア」であり、ミッドセンチュリーを代表する作品です。このセブンチェアが他の椅子と一線を画すのは、現在まで世界で500万脚以上のセールスを記録している超ベストセラー作品だという点です。プライウッド(成形合板)による背と座の三次元一体成形の成功によって生まれたアントチェア(アリンコチェア)の後継モデルとして、その3年後の195...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen セブンチェア用革製カバー The Seven

北欧デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンの最も有名な作品と言えばこの「セブンチェア」であり、ミッドセンチュリーを代表する作品です。このセブンチェアが他の椅子と一線を画すのは、現在まで世界で500万脚以上のセールスを記録している超ベストセラー作品だという点です。プライウッド(成形合板)による背と座の三次元一体成形の成功によって生まれたアントチェア(アリンコチェア)の後継モデルとして、その3年後の195...

アルネ・ヤコブセン Arne Jacobsen エイトチェア The Lily

アルネ・ヤコブセン最後の作品「エイトチェア」、通称「リリー(The Lily:ゆり)」です。1970年、彼が亡くなる1年前の68歳のとき、彼自身が手掛けた「デンマーク国立銀行」のためにデザインされました。複雑なカーブを持つ三次元曲面の成形があまりに難しく、当時の技術では4脚のうち3脚を廃棄せざるを得ず、1970年後半に製造中止となっていましたが、2007年春、フリッツハンセン社から復刻しました。復刻版は、...

マルセル・ブロイヤー Marcel Breuer ブロイヤー・サイドチェア Breuer Side Chair

1935年にデザインされた、マルセル・ブロイヤーの「ブロイヤー・サイドチェア」です。アイソコン社の為にデザインされた作品で、スタッキング機能はもちろんのこと、座面や背もたれに滑らかな曲線を付けることにより、人間の自然な動きも考慮してデザインされた一脚です。イームズのプライウッドチェア(1945年)にも大きな影響を与えました。どことなく、イームズのチルドレンズチェアに似ているような気がします。※ プラ...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima グラスシートチェア GRASS SEATED

デザインされた年は不明ですが、ジョージ・ナカシマの最も初期に制作された作品、「グラスシートチェア」です。この椅子の先行形態は、ナカシマが東京のアントニン・レイモンド建築事務所在職中にデザインした軽井沢の聖パウロカトリック教会の椅子で、自然の丸太材で作られていました。曲げ木による背板の緩やかな半円と、四角い座のフレームとの鋭い対比が特徴的なデザインです。この長い半円状のアームは、肘掛けとして非常に使...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ミラチェア L MIRA CHAIR LOW

1950年頃にデザインされた、ジョージ・ナカシマの最も初期の作品「ミラチェア L」です。ナカシマの長女ミラ氏のために作られました。ミラ氏は、現在もナカシマのニューホープの工房を受け継ぎ、ナカシマデザインの家具の製作のみならず、独自の家具デザインも手がけています。ミラチェアの最大の特徴は、三角の座面と見た目以上に安定感のある三本脚です。また、ナカシマの椅子の中では、小さめで軽い作品です。座面にも、お...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ミラチェア H MIRA CHAIR HIGH

デザインされた年は不明ですが、ジョージ・ナカシマの初期の作品「ミラチェア H」です。1950頃にナカシマの長女ミラ氏のためにデザインされた「ミラチェアL」、2年後の1952頃デザインされた「ミラチェアM」を経て、ミラチェアの中では最も進化したデザインと言われています。ミラチェアの中では一番座部が高いモデルで、足置きがついているので、お子様でも安定して座ることができます。安定性を増すために角度がつき...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ニューチェア NEW CHAIR

1955年頃にデザインされた、ジョージ・ナカシマの「ニューチェア」です。ストレートバックチェアの後継モデルとしてデザインされた作品で、背もたれの高さが特徴的で、中国の明王朝の椅子と比較されたこともあったようです。笠木(背もたれの頂部)の厚さが薄く、全体のスマートなプロポーションの美しさに貢献しており、シンプルなデザインなのに、格調高い佇まいです。脚は中心に近い位置で斜めに下りていて、支点の位置は荷...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima ニューチェアアーム NEW CHAIR ARM

デザインされた年は不明ですが、ジョージ・ナカシマの「ニューチェアアーム」です。1955年頃にデザインされた「ニューチェア」に肘掛けを付けて、座面と背もたれの長さを一回り大きいサイズにした作品で、背もたれの高さが特徴的で、中国の明王朝の椅子と比較されたこともあったようです。笠木(背もたれの頂部)の厚さが薄く、全体のスマートなプロポーションの美しさに貢献しており、シンプルなデザインなのに、格調高い佇ま...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima アームチェア ARM

デザインされた年は不明ですが、ジョージ・ナカシマの初期の作品、「アームチェア」です。オリジナルのアームチェアは、ナカシマ初期のデザインの特徴である平らな座面と、複雑なディテールをもつ背もたれを有していましたが、1958年のブリュッセル万博の際、座面にくぼみを付けて、オリジナルのデザインを更に発展させた作品を出品し、国際的な注目を浴びました。そのときの作品が、現在のアームチェアに至っています。笠木(...

ジョージ・ナカシマ George Nakashima コノイドチェア CONOID CHAIR

1959年頃発案され、1960年頃デザインされた、ジョージ・ナカシマの代表的な椅子「コノイドチェア」です。木目と色が美しいアメリカンブラックウォールナットで作られており、「二脚の片持ち梁」の斬新なデザインは、アメリカで、そして1964年以降日本においても積極的に生産されています。アメリカ・ペンシルヴェニア州ニューホープに開いた自身のスタジオ「コノイドスタジオ」用の椅子としてデザインされた作品です。...

チャールズ・イームズ & エーロ・サーリネン Charles Eames & Eero Saarinen オーガニックチェア Organic Chair

1940年に開催された、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品され、見事椅子部門の1等に輝いた、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンの共作「オーガニックチェア」です。当時、イームズとサーリネンはプライウッド(成形合板)での大量生産可能な新時代のデザインチェアを実現しようと研究を重ねていましたが、その第一歩がこのオーガニックチェアであり、当時は技術的な...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames DCW ダイニング・チェア・ウッド Eames Plywood Dining Chair

1945年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「DCW(Dining Chair Wood:ダイニング・チェア・ウッド)」です。 オールウッド、5つのパーツがすべてプライウッドで作られています(座面は5層で脚は8層の合板)。 木の温もりに加え、前脚と後脚の高さのギャップが圧巻のデザインで、まるでペットのような愛くるしい形をしています。 5つのパーツには、それぞれ「ショックマウント」と呼ばれるゴム製のクッションを...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames DCM ダイニング・チェア・メタル Eames Plywood Dining Chair

1946年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「DCM(Dining Chair Metal:ダイニング・チェア・メタル)」です。 座面(5層のプライウッド)の大きさに比較して心細くさえ見える細いフレームの脚、背もたれはたった1本の細いフレームで支えられています。 前脚と後脚の高さのギャップ、フレームの絶妙な傾斜と曲がり具合が圧巻のデザインです。 基本設計はDCW(ダイニング・チェア・ウッド)と同じですが、脚部...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames DSX サイドシェルチェア Xベース Eames Shell Chair / Side Chair

1948年、MoMA(ニューヨーク近代美術館)が開催した「ローコスト家具デザイン国際コンペ」のためにデザインされ、1950年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「DSX(Dining height Shell Side Chair X-base)」です。イームズと言えば「シェルチェア」というくらい、イームズの代名詞的作品であり、数あるイームズの作品の中でも最も有名なものではないでしょうか。「デザイナーが消費者のニーズに応えた最...

チャールズ&レイ・イームズ Charles & Ray Eames DAX アームシェルチェア Xベース Eames Shell Chair / Armchair

1948年、MoMA(ニューヨーク近代美術館)が開催した「ローコスト家具デザイン国際コンペ」のためにデザインされ、1950年に発表された、チャールズ&レイ・イームズの「DAX(Dining height Armchair X-base)」です。イームズと言えば「シェルチェア」というくらい、イームズの代名詞的作品であり、数あるイームズの作品の中でも最も有名なものではないでしょうか。「デザイナーが消費者のニーズに応えた最初の作品...

Appendix

プロフィール

ちぇある

Author:ちぇある
はじめまして。「椅子」って色々なデザイナーがいて色々な形があってとても興味深いです。人生の中でも「椅子」に座っている時間って結構長いですものね。よろしくお願いします。

カテゴリー

ブログ内検索

ご紹介している椅子

EileenGrayDayBed.jpg MiesVanDerRoheMR10.jpg MiesVanDerRoheMRArmChair.jpg MiesVanDerRoheBarcelonaChair.jpg MiesVanDerRoheBarcelonaOttoman.jpg MiesVanDerRoheMRLoungeChair.jpg MiesVanDerRoheBrnoChair.jpg MiesVanDerRoheTubularArmChair.jpg LeCorbusierLC1.jpg LeCorbusierLC21seat.jpg LeCorbusierLC22seat.jpg LeCorbusierLC23seat.jpg LeCorbusierLC4.jpg AlvarAalto611.jpg AlvarAalto43.jpg JeanProuveCite.jpg JeanProuveAntony.jpg MarcelBreuerWassily.jpg GeorgeNakashimaConoid.jpg EamesSaarinenOrganic.jpg EamesChildrens.jpg EamesChildrensStool.jpg EamesDCW.jpg EamesLCW.jpg  EamesLCWCowhide.jpg EamesDCM.jpg EamesLCM.jpg EamesLaChiese.jpg  EamesDSX.jpg  EamesDAX.jpg EamesDSS.jpg EamesDSR.jpg  EamesDSROutside.jpg EamesDSRWineRed.jpg  EamesDSR-5S.jpg  EamesDAR.jpg EamesDSW.jpg EamesDAW.jpg EamesRSR.jpg EamesRAR.jpg  EamesLSR.jpg  EamesLAR.jpg  EamesPSCC.jpg EamesPACC.jpg EamesPACCSeatPad.jpg EamesVintage.jpg EamesDKR0.jpg EamesDKR2.jpg EamesDKR2Leather.jpg EamesDKR5.jpg CharleRayEamesSofaCompact.jpg  EamesLoungeChairOttoman.jpg EameseAluminumSide.jpg EameseAluminumArm.jpg EameseAluminumManagement.jpg EameseAluminumExecutive.jpg EameseExecutive.jpg EamesWalnutStool.jpg EamesTandem2.jpg EamesTandem3.jpg EamesChaise.jpg EameseSoftPadSide.jpg EameseSoftPadArm.jpg EameseSoftPadManagement.jpg EameseSoftPadExecutive.jpg CharleRayEamesSofa1seat.jpg CharleRayEamesSofa2seat.jpg CharleRayEamesSofa3seat.jpg GeorgeNelsonNelsonPlatformBench.jpg NelsonDaybed.jpg GeorgeNelsonNelsonCoconutChair.jpg GeorgeNelsonNelsonMarshmallowSofa.jpg GeorgeNelsonNelsonDAF.jpg NelsonCubeArm.jpg EeroSaarinenArmChair.jpg WatanabeRikiKidsSet.jpg WatanabeRikiHighStool.jpg WatanabeRikiLowStool.jpg HarryBertoiaDiamond.jpg HarryBertoiaBetoiaSideChair.jpg PantonHeartConeChair.jpg PantonConeChair.jpg PantonChair.jpg PantonChairGentei.jpg PantonChairClassic.jpg PantonChairClassicGentei.jpg PantonJunior.jpg PantonAmoebe.jpg PaulKjaeholmPK80.jpg

正規品販売店

ヤマギワ オンラインストア MoMAオンラインストアジャパン hhstyle.com センプレ

FC2カウンター

ウォッチ

FX初心者の入門講座

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスが多い椅子

スマートフォンの意味は
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。